ミュージシャンの夢と一緒に歩んでいく
新人開発プロジェクト「GIANT LEAP」

Weekly Pickup

東西の2大ラジオ・ステーションでオンエアされる楽曲をピックアップ!

ラジオでオンエアされる楽曲を
ピックアップ!

2018/2/15放送分

Opus Inn +O.Aリスト

DJ飯室大吾の推薦コメント
tofubeats、シンリズム等、神戸にはクオリティの高いトラックメーカーがたくさんいますね。
程よい湿っぽさや陰鬱とした感じがあって、様々な時代のポップスを吸収した上で、今の音楽に辿り着いた方々の様にも思えます。

ひとつに、エレクトロニカ色が強い曲でも、ヴォーカルが疎かにされていないところに、ポピュラーミュージックとしての強度をしっかりと感じる事ができました。

今後、トラックメーカーがもう一度評価される時代が来るのではないかと思っていますので、単体ではなく、ミックスカルチャーとして様々な音楽や文化と結びついて、ひとつの流れを作っていけるのではと、期待しているジャンルでもあります。

A-Sketchの推薦コメント
DIYな雰囲気の中に光るメロディセンスは、海外のトレンドを、自分達なりに取り入れて昇華している点にセンスを感じました。 R&B、インディーロックなど様々な音楽を取り込んだサウンドが気持ちいいです。
トラックメイクの面において、完成度を上げていけば、日本のみならず海外でも戦える可能性を十分に感じます。

2018/2/8放送分

Mankind Rhythms +O.Aリスト

DJ飯室大吾の推薦コメント
確かかなり若いメンバーだったと記憶していますが、
それなのに「タメ」が必要なファンク・R&B、ジャズにチャレンジしている姿勢に惹かれます。

これはシンプルな構成の楽曲であればあるほど
表現するのが難しいですが、この曲、もっと味付けしたくなりそうなのに、
後からの足し算でゴテゴテになってしまうっていう残念なゴールに向かうことなく、
楽器の鳴りとビートを大切にしている感じ、とてもいいと思います。

一度、ライブを拝見した時はパーティっぽく盛り上げる場面も多く、
これから実力が付いていけば、バンドの存在感ももっとシーンに示していけると思います。

avexの推薦コメント
シンプルで落ちついたギターカッティングとドラムのキメから始まり、ベースがいい形でオブリで絡みついてくる。そしてピアノやロックオルガンがその上に空間を広げて被さってくる。
更にボーカルのファルセットがとても気持ちいい!
サビでは、キチンとファンクの王道を貫いているが意外な第2の裏切りの展開にも注目したい!
バンドアレンジとしてもワビサビがまとまっており、これは既に完成された注目のバンドではないでしょうか!?

2018/2/1放送分

後藤大 +O.Aリスト

DJ飯室大吾の推薦コメント!
アコースティックギターだけで演奏されても説得力がありそうな、言葉を大切にした楽曲と
しっかりしたバンドアンサンブルでとても聞き応えがあります。

力強くもあるのに、繊細な部分もきちんと表現できる歌声には、
女性目線の曲なんかとても合いそうな気がします。

「本当は弱いのに強がってる」っていう、誰もが共感できる姿勢にも等身大のスタンスが見えて、
多くの人達を味方につけて活動の幅を広げていけそうだと思います。

FM802(OSAKA)

RADIO

INFINITY

毎週木曜日 24:45~24:55

DJ:飯室大吾

RADIO∞INFINITY(外部サイト)

2018/2/15放送分

坂田穂乃花

J-WAVEの推薦コメント
2018年はソロのシンガーソングライターの活躍に注目が集まる中、GIANT LEAPでも注目のソロシンガーをピックアップしました。

アコースティックギターの音色と混ざりあう坂田さんの透明感のある歌声と、耳に残る歌詞のフレーズが印象的なサウンド。
ライブでのパフォーマンスにも期待が高まります。

avexの推薦コメント
失った人を「いらない」と様々な表現で回想しているが、実は一番自分に必要な存在であったのだと聞いている人に印象づける歌詞が何回も聞いているうちにココロに染み入ってくる。
これは失恋なのか!?ただの別れなのか!?

サウンドはアコースティック・ギター1本といったシンプルでかつ、誤魔化しの効かない表現方法で透き通ったボイスに見事マッチングしている。
彼女の世界観は、世代に関係なく誰もが惹き込まれのではないでしょうか?

2018/2/8放送分

高高-takataka-

J-WAVEの推薦コメント
少ない音色が重なりあって生まれる、
透明感のある温かさが印象的なメロディと、
そこに絶妙に絡み合う2人の歌声のハーモニーが心地いい楽曲です。

彼らのセンスが光るメロディは、
色々な人の心に寄り添える、そんな可能性を感じました。

A-Sketchの推薦コメント
2人が放つ心地良いアコースティックギターと温もりのある歌声が印象的で今回選ばさせていただきました。
「Yellow」は全編英語詞で歌詞がわからない人でも、世界観が伝わる楽曲だと思います。
自分達が持つ世界観をより多くの人に届けられるアーティストだと思いますので、今後の楽曲にも期待したいです。

2018/2/1放送分

SLOWBIRD

記念すべき1回目に紹介するのは、結成3年目、東京都内で活動するスリーピースバンド【SLOWBIRD】。

キャッチーなメロディと耳障りの良いグルーヴ、まさにJ-POPのど真ん中を行く彼らの音にとても可能性を感じました。

ボーカルの岩越さんの個性的で表現力のある歌声は、何気なく歌われる歌詞のフレーズもしばらく耳に残るほど印象的。

気になった方はぜひ他の楽曲もチェックしてみてください。

J-WAVE(TOKYO)

SONAR MUSIC

毎週木曜日 23:20~23:30

ナビゲーター:藤田琢己
ミュージック・オペレーター:
水野良樹(いきものがかり)

SONAR MUSIC(外部サイト)

GIANT LEAP コンセプト

かつて、アポロ11号で人類初の月面着陸に成功した
ニール・アームストロング船長は、月に足を踏み下ろしながらこう言いました。

これはひとりの人間にとってはSMALL STEP(小さな一歩)だが、
人類にとってはGIANT LEAP(偉大な飛躍)である

GIANT LEAPは、あなたが夢に向かって最初の1歩を踏み出すための、
そして、大きな飛躍を遂げるための音楽プロジェクトです。

東京のJ-WAVE、大阪のFM802という東西の2大ラジオ・ステーションの番組と連動、
あなたの創造した音楽を世の中に届ける様々な仕組みも充実。
ライブやレコーディングなどの音楽活動をサポート、
音源制作、リリースのチャンスもあります。

あなたのGIANT LEAPは、最初の1歩から始まります。
ぜひ、一緒に夢に向かって歩き始めましょう。

GIANT LEAPとは