IDでもっと便利に 新規取得

ログイン

音楽以外の見どころを楽しもう

image

物販でフェス&アーティストグッズをゲット

フェスの楽しみのひとつに、フェスのオフィシャルグッズ・アーティストグッズ販売が行われる物販コーナーがあります。Tシャツ、タオル、帽子など、さまざまなグッズが販売され、人気のものは初日に売り切れてしまうこともあります。どうしても欲しいグッズがある場合は、早めの時間帯に並んでゲットしましょう!オススメは、その年のラインナップが背中にプリントされてフェスTシャツ。その年に着るものいいですが、翌年やその先に着ているといつかその年に参加したことを自慢できるときがくるかも!?

無料プレゼントや抽選も多数

会場内には公式の物販やフード以外にも多くのブースが出展しています。例えば、通信キャリアが充電器を提供しているブースがあったり、音楽関連企業が商品やサービスが展示されていることもよくあります。その中には、無料でタオルなどをプレゼントしていたり、抽選で豪華景品が当たるキャンペーンなども実施されているので、時間があれば足を運んでみましょう!運がよければアーティストのサイン入りグッズが当たるなんてこともあります。

フェスにはフォトスポットがたくさん

フェスに参加したら残しておきたいのが、その日の写真。フェスには多くのフォトスポットがあります。もちろんメインステージ前やエントランスなどはそのフェスに来た記念になるので押さえておきたい場所ですが、それ以外にもフェスの名前のモニュメントが設置されていたり、例えば「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」では、雑誌社が主催しているということもあり、過去の雑誌表紙がずらっと並んだ人気撮影スポットになっています。それぞれのフェスごとに工夫を凝らしたフォトスポットがあるのでチェックしてみてください。

アトラクションを楽しもう!

フェスごとに音楽以外のアトラクションがたくさん設置されており、その種類も年々増加傾向にあります。例えば、「SUMMER SONIC」にはスタンプラリーがあり、各エリアを回ってスタンプを集ると、サイン入りポラやアーティストグッズがプレゼントされます。他にも、「SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER」では、山中湖で開催されているということもあり、気球やカヌーなどもフェス会場内で体験することできます。

このようにフェス会場内ではさまざまなアトラクションが楽しめますが、気をつけないといけないのが時間配分。人気のアトラクションでは数十分並ぶこともあるので、お目当てのライブに間に合わないということがないように、スケジュールを立てて、アトラクションを楽しんでみてください。

Photo:SUMMER SONICオフィシャル