R&B/ヒップホップ

宇多田ヒカル 「Forevermore」

R&Bからは希望も込めて、2016年の復帰作『Fantôme』以降フレキシブルに活動し、今年は小袋成彬のメジャー・デビュー曲「Lonely One feat.宇多田ヒカル」をプロデュースしたことも話題になった宇多田ヒカルに注目を。彼女は今年デビュー20周年を迎え、最新アルバムと約12年振りのライブツアーを予定しているため、何らかのフェスに出演する可能性もゼロではないと思われます。もしフェス出演が実現すれば、それだけでも大きなニュースになるのは間違いないですが、小袋成彬やKOHH、PUNPEEらとの共演にも期待です。

iri 「Telephone feat. 5lack」

より若手アーティストの中では、R&Bとヒップホップ、ビート・ミュージックを自在に横断するiriや、彼女と同世代で昨年「SUMMER SONIC」に出演したことも記憶に新しい向井太一も、より様々なフェスで活躍してくれるかもしれません。また、ケラーニを筆頭にしたトラップ以降のR&Bやフューチャーベースなどを取り込んだ高い音楽性と圧倒的な歌唱力で注目を集める新鋭、RIRIは2月にデビュー・アルバム『RIRI』を発表。彼女も多くのフェスでライブが観たいアーティストのひとりではないでしょうか。

RIRI - That's My Baby

ヒップホップでは、2人の驚異的な技術に裏打ちされたエンタメ精神全開のライブに定評があるR-指定とDJ松永によるCreepy Nutsや、各メンバーのソロ活動も話題を呼んでいる東京のヒップホップ・クルー、KANDYTOWNのフェス出演にも期待です。

アイドル/アニソン

TWICE 「Candy Pop」

ブームの立役者たちの卒業や脱退を経て、新たな時代へと突入しつつあるアイドル・シーンでは、虹のコンキスタドールとの兼任で根本凪と鹿目凛が加入した新生でんぱ組.incが「JAPAN JAM 2018」に出演。また、アジア発の多国籍グループながら日本人メンバーを3人含むTWICEは『紅白歌合』に出演した昨年の勢いそのまま、2018年は「Candy Pop」のMVで『ライブライブ!』の京極尚彦監督とコラボレーションするなど18年も活発な活動を続けていて、フェスで多くの人が観たいアーティストの一組かもしれません。また、ライブに定評のあるアイドルの中でも、昨年のBiSHに続いてシーンの外側でも着実にファン層を拡大していきそうなのは、変拍子を駆使した楽曲と4人のメンバーが連動したストーリー性の高い振りで人気を集めるMaison book girl。彼女たちのライブではファンによるアンコールの手拍子が変拍子になっていたりと、ポップさと実験性が絶妙に融合しています。現在のところ4月の「ギュウ農フェス春のSP ロード to 栃木2018」に出演予定です。

Maison book girl 「言選り」

昨今のファン層の拡大などを受けて、アニソン・シーンからもロック・フェスなどに出演する機会はより増えるはず。そうした意味では、昨年「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」への出演が話題になったTVアニメ『マクロスΔ(デルタ)』の戦術音楽ユニット、ワルキューレを筆頭にした様々なアーティストの活躍にも期待です。ワルキューレは今年、映画『劇場版マクロスΔ 激情のワルキューレ』の公開や、2月末に横浜アリーナで開催予定の『3rd LIVE「ワルキューレは裏切らない」を予定。歌唱力、コーラス・ワークともに非常に高いグループのため、今年もフェスに出演することがあれば、多くの観客を魅了するかもしれません。

ベテラン/レジェンド

三ツ矢サイダー CM 「夏とサザンとサイダーと」編 75秒 サザンオールスターズ

昨年実現したB'zの「ROCK IN JAPAN」出演や、山下達郎の「氣志團万博」出演などを筆頭に、大御所アーティストの登場もフェスの目玉のひとつ。だとするなら、今年多くの人が出演を期待しているのはやはり、サザンオールスターズなのではないでしょうか。近年はソロ活動を活発化させていたサザンオールスターズですが、何と言っても、2018年はバンド結成40周年のアニバーサリー・イヤー。2017年に38年振りに出演した三ツ矢サイダーのCM でも最後に「See You in 2018」という意味深なメッセージが加えられていただけに、今年はバンドを活発化させる可能性が高いはず。フェス出演も実現するかもしれません。

もちろん、ここに挙げたアーティスト以外にも、人によって様々な候補が挙げられるはず。本格的なフェス・シーズンを前に、出演アーティストを想像して楽しんでみてはいかがでしょうか?

  • 1
  • 2

***

※出演者情報は2018/2/2時点

Text:杉山仁
Top Image:Aflo