2000年からスタートした日本最大級の都市型フェスティバル「SUMMER SONIC」。通称“サマソニ”。8月中旬に千葉・大阪の2箇所で同時開催されるオールジャンルの都市型フェス。
  • 特徴
  • 今年の見どころ
  • 服装
  • ソニ飯(フェス飯)
  • 1日参加
  • 昨年の様子
  • 8月中旬に千葉と大阪の2会場で同時開催される大型フェスティバル、通称「サマソニ」。千葉(東京会場と呼ばれる)は、ZOZOマリンスタジアムと幕張メッセで行われ、大阪は、舞洲スポーツアイランドで行われます。

    2会場とも2日間にわたって開催され、アーティストが入れ替わって出演します。海外のアーティストが多く参加することから、フジロックと並んで紹介されることが多いですが、都市型ということに重点をおいたフェスで、千葉・大阪両会場とも都心から比較的簡単にアクセスすることができます。

    初期は、洋楽ロック主体のラインナップでしたが、回を重ねるごとに、洋楽・邦楽ロック、J-POP、アイドルまで、多彩なジャンルのアーティストが出演するフェスとなり、それもサマソニの大きな特長となっています。また、前夜祭的な意味合いも含めて、サマソニ開催前の金曜日には「SONICMANIA」というオールナイトのフェスも行われています。

    写真: SUMMER SONICオフィシャル

  • 国内外から多くのアーティストが出演するサマソニですが、今年は、NOEL GALLAGHER’S HIGH FLYING BIRDS(ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ)とBECK(ベック)というイギリスとアメリカを代表する豪華な2組がヘッドライナーとして登場します。

    さらにメインステージには、ダンスミュージックシーンで絶大な人気を誇る覆面DJのMARSHMELLO(マシュメロ)や現在ヒップホップ・シーンの最前線を走り、アメリカの多くのフェスでヘッドライナーに抜擢されているCHANCE THE RAPPER(チャンス・ザ・ラッパー)の初来日も話題となっています。他にもメインステージには、back number、MY FIRST STORY、THE ORAL CIGARETTESらの日本勢にも注目したいところ。ちなみにヘッドライナー終了後には花火が打ち上がるので、そちらもお見逃しなく!

    もちろんメインステージ以外にも見どころ満載で、中でも、復活を果たしたm-floの出演は要チェック。また、昨年は体調不良で急遽出演キャンセルとなったENDRECHERI(堂本剛)も1年越しのリベンジとして満を持してのサマソニに登場します。

    さらに今年の東京会場内には、「TOKYO IDOL FESTIVAL」とコラボレーションしたステージも登場し、大阪☆春夏秋冬 、東京女子流 、ラストアイドル、フィロソフィーのダンス、Maison book girlらが出演するなど、ジャンルも多種多様で、ステージ数も多いのがサマソニの魅力。逆にどのアーティストを見ればいいのかを迷ってしまうこともあるかもしれませんが、そんなときの楽しみ方のひとつとして、サマソニはステージごとに特徴の似たアーティストが出演することが多いので、ライブを観た前後で他のアーティストをチェックしてみると、好みの音楽と出会うことができるかもしれません。

    まずは事前に出演アーティストを予習して、当日のライブに備えましょう!

    <今年の出演アーティストは公式サイトをチェック>
    http://www.summersonic.com/2018/lineup/

    写真: SUMMER SONICオフィシャル

  • 8月中旬に開催されるサマソニは、とにかく暑さ対策を万全に臨みましょう。半袖半ズボンのように、涼しげで動きやすい服装が望ましいです。また都市型フェスということで比較的普段着に近いラフな格好で参加できるのもサマソニの良いところなので、とにかく快適に過ごせるような格好で来場することをおすすめします。

    会場内はアスファルトやコンクリートのところが多く、歩きやすいスニーカーなどで参加したほうが疲れにくいはずです。野外フェスなので、雨が降ることもありますが、その際には屋根がある場所に移動することもできるので、大掛かりな雨対策グッズを必ずしも用意しておく必要はありません。ただし雨予報の場合や、夜まで楽しみたい方は少し冷えることも考慮して、防水や撥水の長袖などを持参しておくとベターです。

    会場内には有料のクロークもあるので、手ぶらでライブを楽しみたい方や、オフィシャルグッズ・アーティストグッズをたくさん購入する予定の方は、荷物を預けてしまいましょう。

    <昨年のファッションスナップはFestival Lifeをチェック>
    https://www.festival-life.com/fashion/49469

    写真: SUMMER SONICオフィシャル

  • サマソニのフェス飯は「ソニ飯」と呼ばれ、さまざまなエリアで多彩な食事が楽しめます。千葉、大阪ともに名物や個性的なフードもあるのでぜひライブの合間に食事も楽しみましょう!

    各会場の名物を食べよう!

    ソニ飯の看板メニューをひとつ選べと言われたら「まぐろの魚ニ」。暑さに疲れた後には、ガッツリとまぐろ中トロづけ丼をいただきましょう!過去には千葉・大阪ともに出店していた年もありましたが、昨年は千葉のみとなっていました。大阪では、暑さを吹き飛ばす「四代目徳次郎」のかき氷が人気です。年によって比較的、出店するお店が変わるので、公式サイトで出店情報をチェックしてから参加してみてみるといいかもしれません。

    ドリンクの種類も豊富!

    真夏の開催ということもあり、企業の出店やオフィシャルバーのドリンクの種類も充実しています。オフィシャルバーではサマソニオリジナルのメニューなども展開しているので、ぜひ足を運んでみましょう。室内外の温度差が激しいので、こまめな水分補給を心がけるようにしましょう!お酒の飲み過ぎも注意!

    写真: SUMMER SONICオフィシャル

  • 日本の4大夏フェス(フジロックフェスティバル、サマーソニック、ライジングサンロックフェスティバル、ロック・イン・ジャパン・フェスティバル)の中でも、都心からのアクセスが簡単で、屋内エリアも多く、サマソニは、フェス初心者にもやさしい都市型フェスです。

    またフェス自体は、「SONICMANIA」を含めると3日間にわたり開催されますが、日帰りで参加する人が多いのもサマソニの特徴です。ヘッドライナー終演後にもまだまだ電車が走っているので、予算やスケジュールも検討しながら1日参加を検討してみてもいいかもしれません。特に、フェスに行ってみたことがないけれど、興味があるという方はまずは1日で参加してみると夏フェスの雰囲気を味わうことができるはずです。ちなみにチケットは1日券が販売されていますが、2日参加する方は2日券の方が少しお得なので、2日券を購入しましょう。

    東京会場の注意点としてメインステージ(ZOZOマリンスタジアム)のアリーナに関して、ブロック指定というシステムがあり、購入したチケットによってLとR(ステージ中央から右と左)に分けられます。友達と一緒にステージ前方でライブを観たい場合は、同じブロックのチケットが必要なので同時に購入した方が安全です。

    写真: SUMMER SONICオフィシャル

  • 写真: SUMMER SONICオフィシャル

    写真: SUMMER SONICオフィシャル

    写真: SUMMER SONICオフィシャル

    写真: SUMMER SONICオフィシャル

    写真: SUMMER SONICオフィシャル

    写真: SUMMER SONICオフィシャル

    写真: SUMMER SONICオフィシャル

    写真: SUMMER SONICオフィシャル

    写真: SUMMER SONICオフィシャル

    写真: SUMMER SONICオフィシャル

    写真: SUMMER SONICオフィシャル

Photo:SUMMER SONICオフィシャル