2003年からスタートした日本最大の年越しロック・フェスティバル「COUNTDOWN JAPAN」。通称“CDJ”。年末に千葉・幕張メッセにて4日間にわたり開催される。
  • 特徴
  • 今年の見どころ
  • 服装
  • 名物スポット
  • 年越しコンテンツ
  • 昨年の様子
  • 夏に開催される「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」を企画制作するロッキング・オンによる日本最大の年越しフェスで、2018年は18万人以上が来場。会場内には神社や年越しカウントダウンをする時計、干支グッズなど、年越し要素が満載です。

    数々のライブが催されている千葉・幕張メッセで、4日間にわたり開催されます。ROCK・POP・アイドルなど、昨年は4日間合計で様々なジャンルの180組のアーティストが出演。最終日(31日)は、年をまたいでのライブも行われます。

    音楽ライブ以外にも、年越しフェスならではのコンテンツや、フードエリア、フォトスポットなども充実しています。

    写真: COUNTDOWN JAPANオフィシャル

  • 年末に開催されるフェスということで、その年に活躍したアーティストが多く出演し、その年を締めくくってくれるのも「CDJ」の見どころです。

    今年だと、多くのフェスに出演した、小袋成彬あいみょんKing Gnuカネコアヤノといったニューカマーもしっかりラインナップされているほか、奥田民生ウルフルズ佐野元春 & THE COYOTE BANDといったフェスシーンを盛り上げ続けるベテラン勢も発表されており、どの世代でも楽しめる4日間となっています。

    <今年の出演アーティストは公式サイトをチェック>
    http://countdownjapan.jp/1819/lineup/artists/

    ※タイムテーブルは例年11月下旬に発表になります。

    写真: COUNTDOWN JAPANオフィシャル

  • 全ステージが屋内なので、基本的にはライブ中には厚着の必要はなく、半袖で過ごすこともできます。しかし会場の幕張メッセは床がコンクリートなので、直接座ると身体が冷えこんだり、1~8ホールと9〜11ホールを行き来する際には屋外の通路を歩くこともあるので、1枚羽織るものを持ったり、腰に巻きつけておくと便利です。気温差に注意して1日を過ごしましょう。

    また、観たいアーティストのステージがバラバラの場合は、会場中を歩き回ることになるので、歩きやすい靴を履いていきましょう。また、荷物が多くなった場合や、お土産にグッズなどを購入した際には、会場内でクローク(有料)も利用することができます。

    写真: COUNTDOWN JAPANオフィシャル

  • ステージエリア以外にも様々なスポットが充実している「CDJ」。そんな中、毎年恒例の記念写真撮影ポイントは、MOON STAGEとCOSMO STAGEの間にある銀色の「ROCK」のオブジェ。時間帯によっては撮影のために並ぶことがあるので、空いているタイミングを狙いましょう。

    また、最大のステージとなるEARTH STAGEの前にある地球のオブジェも人気撮影スポット。構図を工夫すれば、両手で地球を支えているような写真や、地球を掴んでいるような写真も撮影可能です。

    写真: COUNTDOWN JAPANオフィシャル

    ライブや記念撮影で疲れた後は、しっかり休憩するのも、「CDJ」を楽しみ尽くす重要なポイント。会場内は、体力回復のための休憩ポイントが充実しており、ベンチ・リクライニングチェアが多く設置されています。また、フードエリアには、手軽に食べられる串焼きやスナック類から、がっつり系の丼・ラーメン、〆のスイーツまで40店舗以上!年末年始ならではの年越しそばや餅つきなどのメニューもあります。

    写真: COUNTDOWN JAPANオフィシャル

  • 年越しフェスらしいコンテンツも充実しており、GALAXY STAGE近くには、「カウントダウン神社」が設置されます。2018年最後の参拝、2019年の初詣ができるほか、絵馬やおみくじも楽しめます。わたあめやチョコバナナなどの縁日コーナーも。

    写真: COUNTDOWN JAPANオフィシャル

    またフードエリアではいくつかのお店で年越しそばも食べられるので、1年の締めくくりにそばを食すのもあり!

    また年を越すタイミングもライブが行われるので、ライブ中にカウントダウンをして年を越すことができるのも「CDJ」ならでは。2018年は、[ALEXANDROS]、ヤバイTシャツ屋さん、SUPER BEAVER、マキタスポーツ、DJダイノジが年越しアクトとして出演。それぞれ違った盛り上がり方をするので、31日に参加する方はどのステージで年を越すかを考えるもの、このフェスの楽しみのひとつです。

    写真: COUNTDOWN JAPANオフィシャル

  • 写真: COUNTDOWN JAPANオフィシャル

    写真: COUNTDOWN JAPANオフィシャル

    写真: COUNTDOWN JAPANオフィシャル

    写真: COUNTDOWN JAPANオフィシャル

    写真: COUNTDOWN JAPANオフィシャル

    写真: COUNTDOWN JAPANオフィシャル

    写真: COUNTDOWN JAPANオフィシャル

    写真: COUNTDOWN JAPANオフィシャル

COUNTDOWN JAPANオフィシャル
Text:Festival Life